投影型赤外線方式タッチパネルを動画でご案内しています。PIT製品はProjected Infrared Touchの略、投影型赤外線方式です。赤外線方式タッチ技術を活用して、発光子と受光子のLED は裏面に配置する構造です。光を反射板で反射して、表面で感知する構造です。画面をタッチすると、光を遮られることによって、縦横方向からタッチ位置を検出します。

動画説明(翻訳文)サイトより引用となっています
GeneralTouchの特許取得済みの写し出された赤外線タッチ(PIT)は、新しい最先端のマルチタッチ技術です。それは光学基づいているにもかかわらず、GeneralTouchは、それが近い真のフラット純粋なガラス表面とエッジベゼルと考えられているように小さなベゼルを維持するために管理しています。

投影型赤外線方式タッチパネル「PIT」

動画で知る投影型赤外線方式
投影型赤外線方式「PIT」は、超薄型ベゼルで最小値2.0mm×4.0mm(HxM)、優れたマルチタッチパフォーマンスです。
また、高画質が表示可能な高透過率、指でもペンでも入力が可能な画面全面タッチができます。
ATM、券売機、デジタルサイネージ、医療分野、公共端末(KIOSK)等の用途にご利用頂けます。

投影型赤外線方式とは

PIT製品はProjected Infrared Touchの略、投影型赤外線方式です。赤外線方式タッチ技術を活用して、発光子と受光子のLED は裏面に配置する構造です。光を反射板で反射して、表面に感知する構造です。画面をタッチすると、光を遮られることによって、縦横方向からタッチ位置検出します。