タッチパネル「PCAP」は、触れるだけで反応する軽い操作感でマルチタッチ最大10点が可能になっています。タッチパネル「PCAP」は高級感のある見栄えを実現、堅牢性、耐湿温に優れ、紫外線の影響を受けません。

対応可能サイズ : 10~42型

製品仕様

投影型静電容量方式「PCAP」の特徴は以下のものです。

  • 触れるだけで反応する、スマートフォンライクな軽い操作感
  • マルチタッチ最大10点が可能
  • 高い透過率で画面がきれいに見え、高級感のある見栄えが実現できます
  • カバーガラスやポリカーボネイトを付けることで、デザイン性の高いフラットサーフェイスが可能

タッチパネル部

項目 内容
タッチ表面材質 ガラス
入力スタイラス 制限なし
光線透過率 87%以上
タッチ部表面硬度 モース5H
動作荷重 0N
推奨タッチ面積 ≧φ10mm以上
動作寿命 1千万回以上
最大電圧 6VDC(5V駆動)
使用温度範囲 -20℃~+70℃
保存温度範囲 -40℃~+80℃
使用湿度範囲 -20℃~60℃、90%RH以下
(結露無きこと)
動作寿命 5千万回以上

投影型静電容量方式とは

ガラス基板、電極パターン層、保護カバー(ガラス)から構造されます。一方のガラスにX電極を、もう一方のガラスにY電極がコーティングされてあり、それぞれの電極が向かい合うように、ガラスが貼り合わせてあります。人体は導電性があるので、指が電極に近づくと、指と電極間に容量結合が発生します。その時の電極間の静電容量の変化によってタッチ位置を検出します。

方式によるタッチパネルの違いを比較しています

関連製品

投影型赤外線方式「PIT」

投影型赤外線方式タッチパネルは、赤外線方式の応用技術です。超薄型ベゼルデザインで優れたマルチタッチパフォーマンスです。

投影型静電容量方式「PCAP」

投影型静電容量方式タッチパネルは、軽いタッチ操作感やマルチタッチ、なおかつフルフラット構造ですので、現在最も人気の高いタッチパネル方式です。

抵抗膜方式「RT」

抵抗膜方式タッチパネルは、指圧で座標を特定、指やペンで直接入力可能。比較的構造が容易でコストパフォーマンスに優れています。

赤外線走査方式

赤外線走査方式タッチパネルとは、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置し、赤外線をさえぎることにより、タッチ位置を検知します。

超音波方式ゼロベゼル

タッチパネル超音波方式ゼロベゼルは従来の超音波表面弾性波方式の特長を活かし、タッチ画面とベゼルの段差がないフルフラットなデザインになっています。

超音波表面弾性波方式「SAW」

超音波表面弾性波方式タッチパネルは、ガラス一枚シンプルの構造ですが、透過率、耐久性及び対傷性が優れていることにより高い信頼性と長寿命が特徴です。

保守・修理

サポート・保守サービス

オンサイト保守(技術者がお客様訪問)とセンドバック保守(修理品を送付頂き完了後返送)があります。また、液晶モニターの現地点検、定期点検も承ります。

お気軽にお問い合わせください。06-6556-6215受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ