赤外線走査方式タッチパネル「IR」

赤外線走査方式は、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置しています。画面をタッチすると、光がさえぎられることによって、縦横位置からタッチ位置を検出します。
赤外線走査方式は、オプトマトリックスフレームに赤外線の発光素子(LED)と受光素子(フォトトランジスター)が赤外線のグリッドを作り出す様に対に配置されています。スタイラスが置かれると、受光素子はX座標、Y座標でそれぞれの遮光を検知し、位置を検出します。タッチ面に傷がついても位置検出には影響がありません。

赤外線走査方式タッチパネル「IR」の仕様

項目内容
検出原理赤外線走査方式
タッチ表面材質ガラス
入力スタイラス制限なし
光線透過率90%以上
タッチ部表面硬度4㎜ガラスの場合、7H
タッチ精度<1.5mm
動作寿命1千万回以上
入力電源電圧DC5V±5%
最大電流500mA
ESD接触放電8KV、気中放電15KV
(EN 61000-4-2基準)
使用温度範囲-20℃~+70℃
保存温度範囲-30℃~+85℃
湿度範囲10%~90%RH、40℃ (結露無きこと)

※ 取扱いタッチパネル

保守・修理