タッチパネル製品一覧(フューチャーコネクト株式会社)です。「超音波表面弾性波」、「抵抗膜」、「投影型静電容量」、「赤外線走査」、「投影型赤外線」の各種をご案内しています。それぞれ長所と短所があり、用途や環境に応じたタッチパネル製品を選ぶことが大切です。製品の導入や調達をご検討時にはご連絡いただければご説明を差し上げます。お気軽にご連絡ください。
製品価格や技術的なご質問は、お電話か問い合わせフォームより、まず弊社営業担当までご連絡ください。カスタム対応やソリューションのご提案もお任せください。

製品一覧

投影型赤外線方式「PIT」

投影型赤外線方式タッチパネルは、赤外線方式の応用技術です。超薄型ベゼルデザインで優れたマルチタッチパフォーマンスです。

投影型静電容量方式「PCAP」

投影型静電容量方式タッチパネルは、軽いタッチ操作感やマルチタッチ、なおかつフルフラット構造ですので、現在最も人気の高いタッチパネル方式です。

抵抗膜方式「RT」

抵抗膜方式タッチパネルは、指圧で座標を特定、指やペンで直接入力可能。比較的構造が容易でコストパフォーマンスに優れています。

赤外線走査方式

赤外線走査方式タッチパネルとは、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置し、赤外線をさえぎることにより、タッチ位置を検知します。

超音波方式ゼロベゼル

タッチパネル超音波方式ゼロベゼルは従来の超音波表面弾性波方式の特長を活かし、タッチ画面とベゼルの段差がないフルフラットなデザインになっています。

超音波表面弾性波方式「SAW」

超音波表面弾性波方式タッチパネルは、ガラス一枚シンプルの構造ですが、透過率、耐久性及び対傷性が優れていることにより高い信頼性と長寿命が特徴です。

タッチパネルを解説

方式によるタッチパネルの違いを比較しています

タッチパネルの方式による違いを比較表にまとめています。各方式にはそれぞれ長所と短所があり、用途や環境に応じたタッチパネル製品を選ぶことが大切です。

動画で知る投影型赤外線方式

タッチパネル投影型赤外線方式を動画でご案内しています。PIT製品はProjected Infrared Touchの略、投影型赤外線方式です。

お気軽にお問い合わせください。06-6556-6215受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ