タッチパネル抵抗膜方式「RT」は、低コストで導入でき、4線式の場合でも1千万回以上の寿命です。指でもペンでも入力が可能で、マルチタッチができます。
抵抗膜方式「RT」はゲーム機、初期のスマートフォンやカーナビなど一部の販売機に使われている仕組みで、2枚の「電気抵抗のある膜」が触れたことで発生する電気の電圧を計測することによって位置を検出します。「感圧式」と呼ばれる事もあります。

対応可能サイズ : 3.8 ~ 21.3型

製品仕様

  • 入力スタイラス制限無し、外部ノイズによる誤動作が起こりにくいです。
  • 低コストで導入するが可能です。
  • 4線式の場合でも、1千万回以上の寿命があります。
項目 内容
検出原理 4線式抵抗膜方式
タッチ表面材質 フィルム
入力スタイラス 制限なし
光線透過率 80%
タッチ部表面硬度 モース2H
動作荷重 0.05N~0.8N
動作寿命 1千万回以上
最大電圧 6VDC
最大電流 100mA(LR/UD) 0.5mA(X-Y)
端子間抵抗 1KΩ以下
リニアリティ 2%以下
使用温度範囲 -20℃~+70℃
保存温度範囲 -40℃~+80℃
湿度範囲 -20℃~60℃、90%RH以下
動作寿命 1千万回以上

抵抗膜方式とは

抵抗膜方式は市場で多く使用されているものは、ガラス基板、ドットスペーサ、フィルムから構成されます。上部が薄いガラスで構成されているものもあります。ガラス及びフィルムの向かい合う面には、ITO(Indium Tin Oxide)と呼ばれる透明な電極格子が設けられています。タッチしていない状態では、微小なスペーサにより2枚の電極は接触していないため、電流は流れません。タッチすると、透明導電膜同士が接触し、ガラス面、フィルム面それぞれの透明電極の抵抗による分圧比を測定することで、位置を検出します。

方式によるタッチパネルの違いを比較しています

関連製品

投影型赤外線方式「PIT」

投影型赤外線方式タッチパネルは、赤外線方式の応用技術です。超薄型ベゼルデザインで優れたマルチタッチパフォーマンスです。

投影型静電容量方式「PCAP」

投影型静電容量方式タッチパネルは、軽いタッチ操作感やマルチタッチ、なおかつフルフラット構造ですので、現在最も人気の高いタッチパネル方式です。

抵抗膜方式「RT」

抵抗膜方式タッチパネルは、指圧で座標を特定、指やペンで直接入力可能。比較的構造が容易でコストパフォーマンスに優れています。

赤外線走査方式

赤外線走査方式タッチパネルとは、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置し、赤外線をさえぎることにより、タッチ位置を検知します。

超音波方式ゼロベゼル

タッチパネル超音波方式ゼロベゼルは従来の超音波表面弾性波方式の特長を活かし、タッチ画面とベゼルの段差がないフルフラットなデザインになっています。

超音波表面弾性波方式「SAW」

超音波表面弾性波方式タッチパネルは、ガラス一枚シンプルの構造ですが、透過率、耐久性及び対傷性が優れていることにより高い信頼性と長寿命が特徴です。

保守・修理

サポート・保守サービス

オンサイト保守(技術者がお客様訪問)とセンドバック保守(修理品を送付頂き完了後返送)があります。また、液晶モニターの現地点検、定期点検も承ります。

お気軽にお問い合わせください。06-6556-6215受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ